結婚式の招待状の書き方

結婚式の招待状は2カ月前までに発送するのが理想的です。それまでに招待状のリストを作成して、式のイメージに合ったペーパーアイテムを選んでおく必要があります。招待状の文面は「いつ、どこで、だれが、どのような結婚式をするのか」について分かりやすく明記されていることが大切です。また結婚式の招待状のみのきまりもあります。まず文章には句読点を使わないことになっています。段落の行頭も明けないようにしましょう。また「切れる」や「去る」などの別れを連想するような言葉は使ってはいけません。発送月と返信期限を明記しましょう。返信期限は1カ月前の大安にします。文章は「謹啓」「謹呈」などの頭語で始め、「謹白」「敬白」などの結語で終わらせます。頭語の後には招待状を出す月を基準にして、季節を感じさせる事項の挨拶をいれます。

インターネットで「結婚式の招待状」で検索すれば典型的な文が多くヒットしますので、それを参考に書くのがいいと思います。差出人の名称は、以前は両家の父親の名前を書くことが多かったのですが、最近は本人たちの名前を書くことも増えています。親戚などに発送するものには親の名前、友人宛てのものは本人の名前のものを用意してもよいでしょう。返信はがき、会場案内図、挙式案内状、祝辞や余興などの依頼状などを同封します。最近の傾向として依頼状は、付箋と呼ばれる可愛らしいカードを利用することが増えています。宛名書きは毛筆で手書きをするのが理想ですが、ペン書きや印刷でも構いません。宛名書きにもいくつかの注意点があります。・宛名を縦書きにする場合は差出人も縦書き、横書きの場合もそれぞれを揃えます。・ご夫婦で招待する場合はご主人の姓名と、ご婦人の名前を連名にします。・ご家族の場合はご主人の名前と家族様にします。・手渡しをするときは住所をいれてはいけません。・切手の位置は縦書きの場合左上に、横書きの場合は右上に貼りましょう。文例を紹介します。謹啓初夏の候皆様いかがおすごしでしょうか。この度私たちは結婚することになりましたつきましては日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちをお伝えしたくささやかですが披露宴を用意いたしましたご多忙中とは存じますがぜひ出席をいただきますようご案内申し上げます敬白このあと、日時、場所、差出日、差出人、返信の依頼を挿入します。

結婚を初めてお知らせするものですから、ふたりらしさが溢れる心のこもった招待状を作りましょう。

結婚式ペーパーアイテムを豊富に取り揃えております。最高のウェディングアイテムのみを品揃え。結婚式の招待状・席次表・席札・印鑑・結婚報告はがきまで幅広く取り扱っております。高級感あふれるイタリアンウェディングカードをご用意しております。上品な結婚式を演出します。実店舗を関東各地に構えております。お近くの方は是非ペーパーアイテムをお手に取ってお確かめください。招待状のことなら平安堂オンラインへまずはアクセス!