結婚式招待状の印刷を行う方法

結婚式の招待状は、結婚式に来ていただくゲストに対して、会場の告知をするだけでなく、どんな人と結婚するのか、どこでやるのかの情報を伝える大切な役割を持っている。この招待状を結婚式場に任せてしまう人は印刷する必要はない。準備しておかなければならないのは、事前に住所録を印刷しておくだけでやってもらえる。これは非常に便利である。一方で、自分で作る人になると勝手が違ってくる。まず自作する人はどのタイプの招待状を選んだかである。1つは何もない白紙の状態で簡単な絵柄が印刷されてるインターネットのテンプレートなどを利用して作成する方法と、もう1つは柄などが印刷されている用紙を雑貨店や大手販売店、インターネットの結婚式小物を扱っているサイトで購入する場合である。事前に柄などが印刷されているペーターアイテムを購入する場合は、印刷されている用紙の他に台紙や発送用の封筒などもセットで販売されているので非情に便利です。


これを利用すると式場で頼むよりも半額程度で済ませることができます。ただし、こういったペーパーアイテム購入時には気をつけなければならないことがあります。1つは量の問題です。セットで販売されているものは失敗してしまうとあまりが生じることになるので、失敗しなければなりません。そして招待状だけでではなく席次表や席札までセットになっています。柄なども合わせてあるので失敗をするとそれなりに経費がかかります。1から作っていく人は近年インターネットの無料サイトでたくさんのテンプレートがあり、柄と文書をまとめて印刷することができます。ただし、セットものとは違うので台紙や封筒などは自力で用意する必要があります。これも意外と大変です。そこでセットものを利用するときに失敗しない方法をいくつか紹介します。・作成は一気にやってしまう。例えば、テンプレートを作って試しプリントをしたあとは一気に作業を進めてしまいましょう。翌日や保存をして後日になると微妙に変わってしまうこともあります。・セットを購入するときはめとめて多少多めに招待状のセットを購入するときは一気にまとめて購入してしまいましょう。自分の友達のときには招待状の印字ミスをしたので後で購入しに行ったら、仕入れるのに3週間かかると言われてあわてて別の店舗でないかを探しに走り回ったと言うこともありました。


自作の招待状は非常にあたたかみを感じますが準備には余裕をもちましょう。