結婚式を欠席する場合の招待状返信のマナー。

結婚式に招待され、どうしても都合がつかないなど、欠席しなければならないときのマナーとは。結婚式に出席する場合には、招待状を受け取ってから1週間以内には返事を出すのが良いのですが、欠席の場合にあまりに早く欠席する旨の返信をするのは、はじめから出席するつもりがなかったのではないか、と思われてしまいます。ですので、返信する前に電話で連絡をします。そのときには、都合が悪く結婚式に行けないかもしれないことと、どうにか出席できるように努力する旨を伝えます。それから少し間を置いて招待状の返信をします。その際にも失礼がないようにハガキを書きます。欠席の理由が仕事の都合などであれば、その理由を書き、身内の不幸などのときには幸せな結婚式に水をささないよう、その理由は書かないようにします。当日はどうしても都合がつかないなど、という表現にします。


招待状の返信のマナーとして、まずは御出席という文字を二重線で消します。また、御欠席の御も二重線で消します。その消した横あたりに残念ながら、という言葉をつけ加え、欠席にまるをつけ、その下に、させて頂きます、とつけ加えます。そのあたりにスペースがあるようであれば、欠席の理由を書きます。例えば、当日はあいにく所用があり、出席できません、などです。お祝いのメッセージも入れます。御結婚おめでとうございます。お二人の幸せを心よりお祈りしています、などです。メッセージを書く欄があればそちらに書きます。次に御住所の御を二重線で消し、自分の住所を都道府県名から書きます。御芳名の御芳も二重線で消し、自分の名前を書きます。御などの文字を二重線で消すところを二重線で消すのは縁を切ることを連想させることから、寿と書いてもいいです。結婚を祝福していることが表現できます。また、式に出られないのであれば、結婚式当日は電報を送るといいでしょう。現在はたくさんの種類の電報があり、ディズニーのキャラクターのぬいぐるみ付きの電報もあります。結婚式用にウェディングドレスを着たものもありオススメです。新婦に電報を出す場合には旧姓で送ります。


結婚式の1時間から2時間前までには届くようにします。また、もし都合がつかない場合、妻などの身内を代理として出席させるのは失礼にあたります。もし新郎新婦から奥さんだけでも来れるのであれば、などと言われた場合のみ式に出席します。招待状をもらっていない人は基本的には出席しないのが礼儀です。