結婚式の招待状を家庭用プリンターで印刷して準備

婚約して結婚式をあげようと決めたカップルは、まずは結婚式場を探すことから始めます。ブライダルフェアに行って情報収集したり、いくつも式場を回って料理の試食を含めた式の体験などを行います。式場が決まったならば担当のブライダルプランナーがついて、結婚式の内容について相談し色々と決めていくことになります。料理の内容はどの程度のグレードにしようか、撮影はプロに任せようか、ドレスはどんなものにしようか、と色々決まっていく過程で気づき始めるのが予算の問題です。いくつもオプションをつけていくと、当初の予算からかけ離れていきます。そこで考え始めるのが、手作りでできるものは自作して、少しでも費用を抑えようと考えます。自作でできるものの代表が招待状です。招待状は必要な材料を揃えて、家庭のインクジェットプリンターで印刷したもので対応します。


最近のプリンターの印刷精度は素晴らしく、文句ない仕上がりになります。こだわって作り始めると少しのずれやにじみなどが許容できなくなるので、材料は必要分より少し多めに準備しておいた方がよいかと思います。相場としては式場に手配を依頼するのに比べ半額程度で手配できるかと思います。準備するのに時間はかかりますが、確実に費用は抑えることができます。招待状以外で自作できるものとして、披露宴会場に設置する名札やメッセージカードなども自前で手配できます。式場に依頼してしまえば楽なことは確かですが、積もり積もると結構な金額になります。結婚式の費用は総額で高額になるため、1万円を軽く見てしまいがちです。自分で材料を用意して、好きなデザインに印刷するだけですから、やる気があれば誰でもできます。招待状が印刷できて送付が完了すると、いよいよ結婚式の準備が色々と忙しくなります。自作で招待状やらメッセージカードやらを準備して節約した費用で、他のところを充実させようと張り切ってしまいそうですが、そこは自制して当初の目標予算を達成または近づけるように頑張りましょう。これから結婚をしようと思っている人は、結婚式にかかる費用がどの程度で、式場に依頼する内容と自分で準備できる内容とを考えておくことが賢いです。


結婚式費用は当初考えている予算からどんどん高くなっていきがちです。予め出来うる準備はしておきましょう。他にも自前で準備できるものはあります。予算と時間の都合で自分にあった式をできるよう楽しんで準備しましょう。